一般的に言われている精力アップの成分をご紹介します。

精力アップの成分

ボリュームピルズに配合されている精力アップを期待できる成分に、マカ、亜鉛、シトルリン、L-アルギニンがあります。これらの成分は一般的にも精力アップの成分として知られていますが、それぞれどのような効果があるか詳しく見ていきましょう。

マカ

マカには、鉄分、カルシウム、必須アミノ酸などの栄養素が豊富に含まれており、栄養価が高いことから「完全食」とも言われています。完全食、マカにはたくさんの栄養素がバランスよく含まれており、18種類の必須アミノ酸、天然のミネラル、カルシウム、亜鉛、マグネシウム、ナトリウム、リン等、さまざまな成分をひとつで摂取する事ができます。

また精巣の働きを活発にし、精子量を増やす効果があるアルギニンが多く含まれていて、これは精子の運動率を上げる効果があると期待されています。ある調査によれば、もともとの精子の量が2000万匹中の運動率が40%だった男性が、マカを摂取し初めてすぐに精子の量が4倍の8000万匹になり、その運動率が約2倍の85%になったとの報告があるほどです。

マカには精子の量と運動率のアップ、またペニスの増大効果が見込めますが、医薬品ではないので劇的な効果を期待すると、期待外れでがっかりしてしまうかもしれません。あくまで、それらをサポートしてくれる食品であるということを覚えておきましょう。

亜鉛

亜鉛は精子を作る際に必須のミネラルで、アメリカではセックスミネラルとも呼ばれています。

男性は射精をすると1~3mgの亜鉛を消費してしまいます。これは成人男性に推奨される亜鉛摂取量の3分の1に相当します。精子の生成は、年を重ねるごとにパワーが必要になり、これが体や性機能の疲労と精力不足につながります。亜鉛は男性の性腺や前立腺に高濃度に含まれ、精子の生成や性ホルモンの合成に深く関係します。亜鉛が不足すると、性機能が衰える可能性がありますので、性欲や精力不足、勃起力に不安を感じる方は、亜鉛を積極的に摂取することをおすすめします。

亜鉛は精子を作る大切なミネラルで、精力アップに欠かせない栄養分です。精力が上がるとペニスのサイズアップにもつながると言われていますが、医学的な根拠は現在のところ認められていません。

シトルリン

サイズアップを目的として飲んでいる人にとって、ボリュームピルズで大きくならない、というのはショックな事実だと思います。ペニスのサイズアップをうたっている商品なのにどういう事なの?と疑問がでると思います。その理由を解説します。

大きくならない理由

シトルリンとは、アミノ酸のひとつで、ペニスへの血流増加、サイズアップ、勃起力の増大が期待できます。シトルリンには、血液中の一酸化窒素の濃度を増大させる効果があり、一酸化窒素の濃度が高くなると、血管が広がり、血流が促されることにより、必要な成分が届きやすくなることでペニスのサイズアップと勃起力アップが期待できます。

血流が良くなることにより疲れにくくなり疲労回復効果や滋養強壮の効果がありますが、シトルリンだけを飲んでもサイズアップが期待できるわけではありません。先に紹介した亜鉛やアルギニンと同時に摂取する事で、相乗効果によりサイズアップが期待できるとうわけです。しかし、こちらも医学的に証明されているわけではないので、あくまでも勃起をサポートしてくれる可能性のある成分のひとつと覚えておきましょう。

L-アルギニン

L-アルギニンはアミノ酸の一種ですが、L-アルギニンの「L」とは、天然の成分という意味です。アルギニンは必須アミノ酸ではなく、体内でも作られる成分なのですが、作られる量は多くはなく加齢とともに減少していく傾向があります。そのため、食事やサプリメントから効率よく摂取する必要があります。

L-アルギニンには、血流を改善したり、精神の質を高めたりする働きがあり、勃起や精力に大きく関係しています。

先ほど紹介した、シトルリンとよく似た、精力アップや精子の形成という効果があります。それは、シトルリンは摂取され吸収される過程でアルギニンに変化するからです。シトロエンを吸収するためにはアルギニンに変換しなければ栄養分として吸収されません。この効果もシトロエンと同様、精力がアップすることでペニスが増大するという医学的な根拠はありません。