確実にペニスそのものを増大させたいなら手術しかありません。

確実に出来るペニス増大方法

サプリメントやお薬では性交渉の際に性的な刺激や物理的な刺激を受けるとペニスのサイズアップが期待できるものは多数ありますが、確実にペニスそのものを大きくするとなると、手術しか方法がありません。大きく分けてヒアルロン酸等を注入する方法やメスを入れる切開手術があります。肥満により下腹部にペニスが埋まってしまっている方は、下腹部の脂肪を吸引する事により長さを出すといった方法もあります。それぞれどういった手術なのか簡単に説明しましょう。

長茎術

長茎術とは、主に肥満により下腹部にペニスが埋まってしまっている状態の方が脂肪を吸引し、もともとの長さを引き出すことでサイズアップができるといった方法です。脂肪吸引はダイエット手術としても使われる方法なので、痩せてペニスのサイズも大きくなると、人気の高い手術方法のひとつで、「下腹部脂肪吸引長茎術」と呼ばれています。しかし、肥満により下腹部にペニスが埋もれてしまっている患者さんが行う手術なので、生活習慣を見直さずリバウンドしてしまうと、元にもどってしまうリスクもあります。

また、痩せていても体質的に短い方の場合にも応用され、体に埋まり気味になっているペニスを引き出す「埋没陰茎長茎固定術」と呼ばれる手術方法があります。これは、下腹部の奥のほうに埋もれてしまっているペニスを引き出す、という方法なので見た目が2~5㎝くらい長くなります。お腹が出てきてペニスが小さくなったと感じる方にも有効で、その効果は永久的に保たれます。

ヒアルロン酸などの注入

フィラー剤と呼ばれるヒアルロン酸やコラーゲン、自身の脂肪などの注入剤を陰茎や亀頭に注入する事により、一回り大きくなり、ハリと硬さが増します。施術時間も10分程度で済み、メスを入れたりしないので、手術痕も残らないので誰かにバレたりする心配がありません。

・ヒアルロン酸注入
「陰茎増大術」と呼ばれる手術は、高分子ヒアルロン酸を注入する事によりペニスを大きくするというものです。通常のヒアルロン酸よりも粒子が大きく、体内に吸収されにくいので術後2~3年ほどの持続期間が見込めます。とても安全でアレルギーや副作用のリスクが少ないのというメリットがあります。
注射で注入するので、手術痕がなく体にかかる負担が少なく、通院の必要もないのですぐにコンプレックスを解消してくれます。

・高純度バイオジェル
イタリア製で主成分の合成ポリマーの純度が非常に高いので、副作用の心配がなく効果が半永久的に持続するのが最大の特徴です。

シリコンボール

シリコンボールとは、人工血管でも使用される医療用のシリコン素材でできた耳たぶ程度の硬さのあるボールを陰茎部に挿入する事により、性交渉のパワーアップを目的とした治療です。サイズアップのための施術ではありませんが、性交渉の際、女性程よい刺激を与えるので、彼女をもっと喜ばせたいと考えている方や、マンネリ化してきたご夫婦に効果的です。

陰茎の挿入したい部分を数ミリ切開して、皮膚内にポケットを作り平たい楕円形のボールを固定するという手術方法です。平たい半球状のボールなので、平常時には目立ちにくく勃起した際に浮き上がり、大きさが協調される仕組みです。包茎の人は、余分な皮膚でボールが動きやすくなるため、シリコンボールの効果をより上げる目的で包茎手術と併せて手術が行われます。シリコンボールを挿入することにより、平常時には陰茎が太く見えたり、性交渉のパワーアップが期待できます。

ペニス自体のサイズが大きくなるという手術ではありませんが、性交渉に対する自信に繋がります。